関西若手芸人が好きな社会人の独り言。

お笑い好きな社会人が、 勝手に言いたい放題言い尽くすブログです。よしもと漫才劇場(旧5upよしもと)を中心に、祗園花月・NGKなどに行った感想とかのレポートを書くつもり。 お笑いレポブログです。

各芸人さんのネタ動画をまとめました。
現5up所属芸人ネタ動画一覧はこちら
5up卒業芸人ネタ動画一覧はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

8月12日「喋りたい人 vol.15」

『喋りたい人 vol.15』


出演
西野さん(キングコング)


ゲスト
中山功太さん








はじめて行ってきました。
新宿ネイキッドロフト。
ご飯とかお酒とかを飲み食いしながらお笑いが見れる場所。
ワンオーダー制なので。
とりあえずジュースを頼みましたけどね。

さすがに相席した人に匂いとか邪魔になるかなぁとご飯はやめましたw
お酒は、その日に夜行バスで帰るしやめておこうと思って。
そもそもそんなに飲めないけどw



で、本題。
西野さんがまず登場するなり。
「あのね・・・」と話し始めて。
「この前の独演会は燃え尽きた。」
「今回は楽にやる。」と脱力宣言から始まりましたw

で、約2時間程度の功太さんとのトーク。
さすがに全て事細かには書けないし。
ニコ生中継もしてたんですが、そこでは音声止めてたところがあるくらい。
そんな内容もあったので。
細かくは書けませんw
量も凄くなるしw

なので、順番はバラバラですが、要約して流れと感想をば。



・同期について
同期は最初仲良くなかったみたい。
特に、全員キングコングが嫌いだったと。
NSCの授業でキンコンが賞レース出た時のVTR見せられたりとか。
漫才見せられたりとか。
講師も「見習え!」という指導だったみたい。
だから余計に嫌いだったと。

ただ、「当たり世代」と言われてるこの世代。
なぜそう言われるかと言うと、「みんな辞めてないから」と功太さん。
「あいつら(キンコン)にこのまま負けるのは嫌だ」
「あいつらでも売れるんやから、俺らでもいける」
という反骨精神で辞める人があまりいなかったらしいです。

でも、嫌いだった功太さんも。
はじめてテレビの収録で一緒になったとき。
西野さんがMCだったそうですが「なんてこいつはやりやすいんだ。」と思って。
それ以来認めたそうですw



・ガリゲル
飲み会があったとき。
「あの飲み会を是非DVDに!」っていう声が多かったみたい。
ただ、それがDVDに出来なかったのは。
「お前がアカンこと話しすぎたからや」と功太さんw

功太さんが注意するくらい。
結構言ってたみたいで。
実際にどんな話をしたかってのをニコ生の音声を止めて話してましたw
まぁ、アウトだわw



・批評
面白いだとか面白くないだとか。
そーゆーのは仕方ないと言ってました。
ちゃんと本とか映画を自分のお金を出して読んだり見たりした人は批評する権利があると。
その上で西野さんは例の件のようなことになったとw



・西野さんのファンと
ノンスタの石田さんと西野さんでご飯食べてて。
そこに「功太も呼ぼう。」ってこになったみたいで呼んで。
そのあと3人で結構真面目な話ししてたみたいです。
「2人(西野さんと石田さん)は創作意欲があるんやし、ユニットコントでも作ればいいのに」とか。

んで、その飲んでたお店にたまたま西野さんが面識ある、西野さんのファンの方が居て。
そのファンの方が店を出たあとに「なんで声かけへんかったん?」みたいなことを功太さんが言うもんだから。
慌てて西野さんがその女の子を呼び止めて連れ戻して。
計5人で飲んでたみたい。

でも、全然功太さんがモテてなくてw
最終的に「何かあったらあかんから」ってことでタクシー代を西野さんが女の子に渡して帰して。
その後。
そのカッコよさに功太さんが「お前キムタクか」ってつっこんだらしくw
「え、俺そんなおもんないツッコミしたん!?」と功太さん自信びっくりしてましたw

あと。
「これは俺が自分で言うわ。」と功太さん。
どうやら、女の子が帰ったあと。
モテなくて惨めなこともあったので。
「あれやな、女の子が入ってくらいからおもんなくなったな」って言ったそうですw



・R-1
功太さんが優勝したとき。
「やりたかったネタじゃない」らしいです。
ほんとはテレビではやりにくいようなネタをやろうとしてたみたい。
でも、周りから止められたし。

本人も4回目のR-1決勝で、どうにか優勝したかったのがあったから。
誰にでも笑いやすいと思われるあのネタをやったんだって。
本人はあんまり好きじゃなかったみたい。



・よしもとを辞める
どうやら、今年の頭?くらいによしもと辞めると言いに行った功太さん。
「遅刻も多いし、自分が悪いのはわかってます。」
「でも、どうにか食べていかないといけない。」とかとか言って。
「功太はネタだと思うよ。」と社員さんに言われたらしく。
「ネタは作ってるんですが、やる場所がないんです。」とも言ったけど。
結局は「頑張れ」ってことで収まったみたい。

何か、引き止めるでもなく辞めさすわけでもなくって対応だったみたい。
ほんとは功太さん的には。
全国をストリートで周って漫談やって。
最終的に大阪で「この県ではこんなネタが受けたんですよ」と全国周ったのをまとめて漫談が出来れば。と考えてたみたい。
だけど、お金的に無理だからと。

そこで、西野さんからクラウドファンディングを勧められてました。
西野さんがNYの個展を開いた時に資金を集めた方法を。
そこで結構真面目なビジネスっぽい話しをしてました。
ただ、ずーっと功太さんは「ファインディング」とか「ニモ」とか言うてましたけどw



・ITの社長と飲んだ
「今の若いやつらはどこにアンテナ張ってるか知ってるか?」と西野さんから始まり。
西野さんたちは「ごっつえぇ感じ」とか「すんげ~」とかがあったから、その世代はお笑いに。
バンドブームの時の若者はバンドに向かって。
じゃあ、今の人達は?と言うと。
「ホリエモン」だそうです。

要するにITだと。
んで、西野さんはそんな若社長と飲みに行ったことがあったみたいで。
話を聴くとめちゃくちゃ面白いと。
「あいつらは本気でビル・ゲイツとかを越えるって言いよる」と。

自分をどこかで折り合い決めて「この人よりは上に」と決め付けるんじゃなく。
最初から「こいつ以上になる」「世界一になる」と決めてずっといってると。
お笑いもそうで、NSCに入る時は「ダウンタウンを越えてみせる」とか「とんねるずを~・・・」とか思ってた。
でも、今はどうなんだってなるらしいです。
やっぱり上にいく人はずっと上を見続けてると。



・どうしていきたいか
で、ここが一番熱かったかでしょうか。
結局何がしたくてお笑いに入ったか。を結構真面目に。
テレビに出てグルメリポートとかそんなのは嫌だと。
お笑いをやりたいと。
ボケて笑わせたいと。
そのようなことを言うてました。

西野さんは持論で「ドキドキさせることをやりたい、やらないといけない」と熱く言うてました。
よく「ひな壇は嫌だ」とネットでも何かと叩かれ?てますが。
それはもちろん仕事を選ぶわけではないと。
現在、ひな壇をやっている芸人さんたちには勝てない、その人達以上にドキドキさせることを出来ない。
そして、俺は主人公じゃないと嫌だ!という気持ちからだそうです。
ひな壇芸人さんたちをリスペクトした上でのやりたくない発言なのかな?

功太さんも舞台が好きと言うてました。
ネタが好きと言うてました。
ネタを卒業してバラエティに出るだけは嫌だと。
それなら舞台のみがいいと。
ほんとにそうであって欲しいです、芸人さんって。
ネタがなくなるのはファンとしては寂しいですし。




で、結局。
なんだかんだあって。
「今日、これだけは言いたかってん」とエンディングで功太さん。
「色んな人から聞くんやけど、お前の作りこんだ絵はどう考えても病んでる」とw
西野さんもよく言われるらしいw
全然休みなく働いて、1度梶原さんが飛んだことがある。
周りからすれば、梶原さんが正常で飛ばない西野さんが異常だとw

あと、西野さんはどこに向かうのか?という質問で。
「世界一面白くなりたい」って言うてたのと。
「ウォルト・ディズニーになるんやろ?」と功太さんに言われると。
「うん、それもある」と。
「でも、きゃりーぱみゅぱみゅもそれ言うてたで?」と功太さん。
「なら、ライバルやな。とりあえずきゃりーさんは越えます。」と西野さんでしたw



すいません、なんせ観た直後でもなければ。
夜行バスでしんどかったので記憶が曖昧なために雑なレポートになってしまいました。
申し訳ないです。
ただ、ほんとに面白いトークライブでした。
真面目な話もボケの話も含めて。
際どいトークもあり。
遠征してまで観た価値は十分にお釣りがでるほどでした。




そんな感じー。
スポンサーサイト
[ 2014/08/14 00:40 ] 特別公演 | TB(0) | CM(0) [編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめの本
プロフィール

管理人:ひで
管理人が見に行った、
5upよしもとのレポブログです!
よろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来場者数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。