関西若手芸人が好きな社会人の独り言。

お笑い好きな社会人が、 勝手に言いたい放題言い尽くすブログです。よしもと漫才劇場(旧5upよしもと)を中心に、祗園花月・NGKなどに行った感想とかのレポートを書くつもり。 お笑いレポブログです。

各芸人さんのネタ動画をまとめました。
現5up所属芸人ネタ動画一覧はこちら
5up卒業芸人ネタ動画一覧はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

4月16日「ビーフケーキ近藤企画「Yヶ崎城」」

『ビーフケーキ近藤企画「Yヶ崎城」』



出演
近藤さん(ビーフケーキ)
大須賀さん(セルライトスパ)
内海さん(ミルクボーイ)
真べぇさん(ダブルアート)
kento fukayaさん(あまえんB)
木尾さん(アッパレード)
こじまラテさん(なにわスワンキーズ)
欅さん(ニメートルズ)
竹村晋太郎さん(劇団壱劇屋)


ゲスト(15日昼の回)
瀬戸さん(スマイル)
林さん(ギャロップ)
広木さん(デルマパンゲ)

ゲスト(16日昼の回)
河野さん(プリマ旦那)
盛山さん(見取り図)
辻井さん(アイロンヘッド)





ほんと簡単なあらすじを。
(役名で書くとややこい・・・というかめんどいので全て芸人さんの名前で書きます←
そして、多少物語にも入るんですが、ゲストさん達の内容は一旦省きます。
あとで書きます。


親方である木尾さん軍団が内海さんの城に攻め入り、内海さんの首を獲る。
その時に内海さんの家来であったkentoさんを仲間にする。
木尾さんの家来には竹村さん、真ベぇさん、ラテさん。
遣いに大須賀さん。
内海さん、木尾さん軍団が討ち取った人の娘役としても出演しており、木尾さんの奥さん。
(要するに姫)としてこの後は出てきます。

ただ、ラテさん元々山賊で、木尾さんから実力をかわれて仲間になった。
でも、木尾さんに身籠った妻を切られており、憎しみがある。
そしてkentoさんはこじまラテさんに同じ境遇だと感じられて助けられた。
ラテさんのお陰でkentoさんは助けられたお陰で子供と奥さんを逃してもらった。
kentoさんはラテに恩義を感じてる。
そこでラテさんは「一緒に木尾さんを裏切ろう」と裏切ることに。

その裏で。
木尾さんは竹村さんにラテさんを殺すことを命じる。
「一度裏切るやつはもっかいやる」ってことで。
(おそらく、山賊から寝返ったことをさしてる?)
躊躇いながらもそれを受ける竹村さん。

そんで、ゲスト陣を招いて戦の祝勝会を兼ねて宴会。
その時に、竹村さんが注いだお酒に毒がはいっており殺されるラテさん。
それに激昂したkentoさんは木尾さんを切ろうとする。
ただ、実力の差があり全然あいてにされず。

そこに竹村さんが現れる。
竹村さんにkentoさんを斬るように命じるも「憎しみは新たな憎しみしかうまない」と、
刃を木尾さんにむける竹村さん。
そこで、ゲスト陣の1人が竹村さんを斬る。
(話の流れの中で、ゲスト陣の1人が木尾さんが街にはなった忍びの者という設定になっており、
 俺の合図で竹村さんを斬れと命じられていた。)

そして、その1人がゲスト陣の1人と大須賀さんを斬る。
(大須賀さんは前回同様斬られにいった形)
それを観たお使い役に斬られる忍びの者役のゲスト陣。
なんやかんやした後に、もっかい木尾さんに斬りかかろうとするkentoさん。

すると、後ろから木尾さんを刺す内海さん。
(父を斬ったことを天下のためなら仕方ないと言っていたが、やはり憎しみ?はあった模様。)
そして、お腹に子供がいるとkentoさんに告白。
「おめでとうございます。」とkentoさんが近寄ろうとすると、後ろから真べぇさんがkentoさんを刺す。
全員が死んだ後、悠々と木尾さんの席に座り、ゆっくりお酒を飲む。
が、それはラテさんが飲んだ酒らしく、毒で倒れる。
その後、内海さんが残ったゲスト陣の1人を外に逃がしてエンディング。

でした。
すいません、適当すぎて「?」なあらすじで。



ここからはゲスト陣とかのやりとりを。

15日昼の回から。

最初のゲスト時がでてきた時のやり取りからグダグダでしたw
メンバー全員がちゃんとしてる人なので、まぁすんなりはすすんだかと思います。
そんなに芝居を壊すような人はいない感じ。
皆のちょいちょいのツッコミが面白かったw
「◯◯やん!」みたいな大きな声のツッコミよりもボソッと言う感じのがw

自己紹介するときには。
広木さん「ひろざえもんです。」
瀬戸さん「せとえもんです。」
ときて。
3人目なのでボケようとして。
林さん「ハゲざえもんです。」とボケて、瀬戸さんとわちゃわちゃしようとしたけど。
皆から「ハゲざえもん!?」とリアクションされて戸惑ってたw

広木さんは忍びの者になったわけですが。
竹村さんを斬るタイミングを間違えてたww
ちゃんと竹村さんはそれを防いで「何をしておる!?」ってw
間違えてしまって戸惑う広木さんw
んで、ちゃんと斬るタイミングのときに切られた竹村さんは「だから先程・・・」ってw

あと、ゲームコーナーですね。
今回のはなかなか難しいっぽかった。
吊るされた鷹の人形の爪に兎をひっかけるっていう文章にしたらわかりにくいゲームなんですが。
なかなか大変そうだったw
全然成功出来へんw
ゲスト陣も焦ってた気がするw

瀬戸さんは散々だったと思うw
1人肛門相撲やらされたり、下着泥棒になったので切腹させられたりww
ボケじゃない、しかもしっかりMCもやるような瀬戸さんがやるもんだから。
なんか観てて痛々しいというか←
これが林さんなら違ったんだろうなと思うけれど、そこらへんが近藤さんの罠なんだろうかw


16日昼の回。

やっぱり、みんな慣れてるだけあるって感じでした。
最初から最後まできちんとツッコんで、話の流れ的にどうするか考えたり。
お客さん多かったりしたからか、ツッコミがよかったからか、今回は割りと笑い声が大きかった気がしました。

盛山さんは、見取り図のコントでしてる「あの」衣装でしたw
サッカー日本代表のユニのあれねw
まずそれを2人からいじられてたw

んで、始まると奇跡がおこる。
まぁ、欅さんがパーカー着てるのはツッコむんだけど。
それが盛山さんが七年前にあげたやつっていうw
「俺のやったら、胸にマリア様のプリントあんねん。」
ってことで、おもむろに欅さんの着物をはだけさせると、マリア様が現れるw
「いや、この時代にマリア様はあかんやろ」っていう河野さんのツッコミもさすがw

辻井さんは終始でっかい声で笑ってたんやけど。
栗ノ進役になり。
瞬時になり切ってましたw
広木さんはあんだけ芝居にのるかを悩んでたのに、さすがというかw
なんとなくですが、辻井さんは進行上どうするかを考えてたところがあったような。
コーナー終わりではコーナーカンペを放ったらかしたままの大須賀さんに「もういらんの?」とか聞いたり。
最後に大須賀さんが辻井さんに刺されようとする時も「こいつが俺なら…」と考えてたり。

ゲームコーナーでは、うさぎが内海さんの頭の上から落ちる度にゲスト陣が戻そうとするもうまく頭に乗らない。
けれど、内海さんがやると簡単に乗るw
「なんで乗せれんねん!」ってことがあって、その後度々落ちるものの、すぐに内海さんがパッと乗せるw
それだけで、面白くて、芝居メンバーもめっちゃ笑ってたw
木尾さんはマントで顔隠してたしw

kentoさんと木尾さんの殺陣のシーンでは、凄いゲスト陣が盛り上がってたw
音楽で聞こえなかったけど、ワールドカップ観てる観客的な感じでw
ほいで、栗ノ進。

急に辻井さんが竹村さんを斬るものだから。
他の2人がめっちゃビビってたw
「どちらかを斬れ」と命令された時。
「2人で戦お。」と盛山さんw
河野さんは落ちてた刀、盛山さん木の杖?を持って構える。

「いろんなとこ当たったら危ないから、一旦これ(刀とか)置こ。」と辻井さん。
それに応えて、2人が下に置いて、ちょっと気を緩めてるすきに盛山さんに斬りかかるw
うまいなぁ…w
ただ、大須賀さんは斬られにいくのに、その時刀を持ってなかったからわやわやしてて、結果的に大須賀さんを斬ってた?感じにw
フラミンゴも咄嗟に斬ってたw
なので、その後木尾さんから斬られてたけどw



とまぁ、そんな雑感です。
もっと言い合いたいけど、1人って悲しいね←

劇全体の感想は、コメディ色がやっぱり強いですね。
劇だけでも笑える感じ。
やっぱあれかなー?
公演増えてゲストも増えて、どーなるかわからんから劇事態にもお笑いの要素を…ってことなんやろか。
もっともーっとビフケ寄りの芝居が良かったなあ。

あと、欅さんは、靴下も足袋やなくてくるぶしソックスやったよねw
そして、なにより芝居メンバーが笑ってるのがなんか楽しいので、結構そっちを観てしまう←


芝居だけでもほんと面白かった。
次の公演も楽しみ。


そんな感じー。
スポンサーサイト
[ 2017/04/16 22:18 ] 特別公演 | TB(0) | CM(0) [編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめの本
プロフィール

管理人:ひで
管理人が見に行った、
5upよしもとのレポブログです!
よろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来場者数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。