関西若手芸人が好きな社会人の独り言。

お笑い好きな社会人が、 勝手に言いたい放題言い尽くすブログです。よしもと漫才劇場(旧5upよしもと)を中心に、祗園花月・NGKなどに行った感想とかのレポートを書くつもり。 お笑いレポブログです。

各芸人さんのネタ動画をまとめました。
現5up所属芸人ネタ動画一覧はこちら
5up卒業芸人ネタ動画一覧はこちら

1月11日「せしたでしたファイナル~個人的に好きな芸人編~」

『せしたでしたファイナル~個人的に好きな芸人編~』



出演
瀬下さん(天竺鼠)

ゲスト
武智さん(スーパーマラドーナ)
川原さん(天竺鼠)
お兄ちゃん(ビタミンS)
盛山さん(見取り図)





最後にして、初の瀬下でした。
オープニングトークで、観に来たことある人と初めての人を聞く瀬下さん。
初めての人が圧倒的に多くて「俺の集客力ない…」と嘆いてましたw


そんでゲスト登場。
武智さん、お兄ちゃん、川原さんの順で出てきて。
川原さんが「この順番で出たら可哀想じゃない?」と盛山さんを気遣うw
すると、我慢出来なくなったのか呼ばれる前に出てくる盛山さん。
すると、お客さんからの大歓声!!
実はアンケートに瀬下さんからサプライズに協力して下さいっていうお願いがあって。

そのうちの1つに「盛山さんが出たら盛大に迎え入れよう」ってのがあり。
お客さんがそれをちゃんと実践した感じ。
盛山さんはめちゃくちゃぽかーんとしてたw
んで、めちゃくちゃ嬉しそうだったw

サプライズにはゲスト1人1人にあって。
武智さんには「ひき肉にしてやんよぉ」を言うとスタンディングオベーションをしようってのがあって。
盛山さんが出て大歓声の中で武智さんが比企肉を発動!
するとスタンディングオベーションw
びっくりする武智さんw
その後も何回かするけど、「まだやるの?」っていうのもあってお客さんの反応が鈍くなるw
で、その後1人1人紹介して行って、最初のコーナーへ。



「瀬下をプロデュース」
東京に行く天竺鼠。
なので、瀬下さんのギャグなどを皆で手を加えて、ゲストさんにアドバイス貰って良くして、東京に挑もうという。
このコーナーはMCに武智さん、パネラー(アドバイスする人)に他のゲストさん。

このコーナーにはちょいちょいお兄ちゃんへのサプライズがあって。
画面にお兄ちゃんの好きなものが出るという。
コーナー紹介の画面、お題変更時の画面の計4つ画面が変わることがありました。
それぞれ、マイコさん、弟さんのお店、お兄ちゃんが名付けた馬、お兄ちゃんの娘の画像が出て、嬉しそうにしてましたw

で、コーナー。
まずは「ギャグ」。
「お疲れ様せした」を東京でやれるようにはどうすればと。
動きを派手にする、本当にギャグしてる人が瀬下なのか証明するために身分証明書(保険証や免許証)を持ってやる。
などなど出てw

ただ、やり過ぎたということで一旦最初のやつに戻ると。
「そんなふざけた動きする奴が労をねぎらってると思えない」という事から。
極力真面目に変えた結果。
「本当にお疲れ様でした」と、なんのリズムもテンポも動きもなく、ただ挨拶するだけになりましたw


次は「グルメレポ」。
どうやら、川原さんいわく。
長いし、文法も間違ったりしてるから。
結果、川原さんがボケた所と川原さんが普通に「おいしい」と言ってる所だけが使われて、川原さんの情緒どうなってんねん。みたいに映ると言ってましたw
で、これも色々アドバイスをもらい。

誰が何をするかをちゃんと言え(瀬下がこれからパンを食べます、みたいに。)
クリームパンとかお皿は先輩やから「さん」をつけろ
右手左手舌は同期やから仲良くしろ
自分を下げるために自分のことは「クソ瀬下」って言え
などなどw

結果的に。
川原さん曰く「絶対薬やってるやん」っていう人に仕上がりましたがw
これで行くことにw


最後は「ドラマ・映画などの演技」。
「彼女が交通事故にあい、集中治療室の前で待っていて、医者が出てきて彼女が死んだことを告げられる」という設定で演技。
すごい熱演でしたw
盛山さんとか笑いをこらえてたけどw
演技が終わり、武智さんが「どうですか?」とみんなに聞くと。
「完璧」「演技に吸い込まれた」「今の嘘?ほんとにあったんじゃなくて?」と絶賛w

川原さんは「あえて言うなら、僕らは舞台してるので声が大きくなるから小さくしないといけない。映画の撮影とかはマイクがしっかりしてるから小さくても大丈夫。」と、ガチのアドバイスw
「味園ユニバースで監督からもらったアドバイスでしょうね」と武智さんw
その後も武智さんが皆からアドバイスを引っ張りだして。
お兄ちゃんが「季節感が欲しい」と。

なので、寒がりながら演技をすることにw
アドバイスは「寒いのか彼女が死んだ悲しみなのかわからないくらい」とのことでw
めちゃくちゃ寒がりながら彼女が死んだ悲しみの演技をする瀬下さんw
最後に「寒い…」で演技終わりw
川原さんは「システム的には僕の「眠たい」と一緒」とw
そんなコーナーでしたw



次はユニットコント。
しかも、脚本は瀬下さん!
瀬下さんは「僕が初めて書きました」と言ってましたけど、少なくとも昔「パパ」っていう(だったかな?)田崎さんとのユニットコントで「初めて書いた」って言うてコント書いてましたけどね←

「散歩」
瀬下さん:散歩してるおじいちゃん
武智さん:ヤンキー
盛山さん:ヤンキー
お兄ちゃん:小林旭
川原さん:ナスビ
の役。

話的には、散歩してるおじいちゃんに色んな人が絡んで喧嘩するけど、めちゃくちゃおじいちゃんが強いので勝つ。
ただ、ナスビだけはおじいちゃんの直感で「こいつは強い、かなわない。」と察したのでただ通り過ぎるだけ。
というコントでした。

シュールというか、よくわからんというか←
喧嘩のシーンはスローモーションになりながらで演出も壮大でしたw

武智さんからは「なにこれ?」と。
川原さんからは「これからも僕が書きます」と評されてましたw



そんなこんなでエンディング。
最後に「川原くんにサプライズ」という事で、なんと瀬下さんお手製のナスビをプレゼントしてました!
ほんとに瀬下さんが1から手縫いで作ったナスビ。
まぁ、萎びてはいましたがw
でも、川原さんがつけるとちゃんと顔も出てなかなかのものでしたw
ほんとに、仲良いなぁ。

東京行っても頑張っていただきたい!


そんな感じー。
スポンサーサイト
[ 2016/01/11 22:22 ] 大丸心斎橋劇場 | TB(0) | CM(0) [編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめの本
プロフィール

管理人:ひで
管理人が見に行った、
5upよしもとのレポブログです!
よろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来場者数